神経痛

神経痛

神経痛について知ることで、的確な対処ができるようになります。

神経痛の症状

 症状は、顔や腰、手足の先まで体中のあらゆる部位の神経系に激痛が走ります。様々な原因により、神経が異常な興奮状態になることでおこります。ほおっておくと慢性化することもあります。

 体表的なものに坐骨、肋間、三叉、後頭、顔面などの神経痛があります。原因と症状をしっかり確認し適切な治療(投薬・漢方、ブロック注射、手術、ストレッチ、つぼ、カイロプラクテック)を受けることが大切です。

 もし、医者やカイロプラクティックにかかる場合にもあなたの感じる痛みがどんなものか表現できるようにしておきましょう。

・痺れの強いジンジンする痛み
・電気が走る様なビリビリする痛み
・焼ける様なヒリヒリする痛み
・針で刺される様なチクチクする痛み

坐骨神経痛とは

 坐骨神経痛とは、「症状」のことで、病名ではないそうです。「坐骨神経痛」の名前が示すとおり坐骨神経が圧迫されることによって生じる「神経痛」を総称して坐骨神経痛といいます。

 坐骨神経痛は、何らかの原因で、坐骨神経が圧迫される事で痛みが生じ、でん部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みがあります。また、症状がひどくなると脚の痺れが徐々に下までひろがり、脚の指先まで痺れるケースもあるそうです。

 対処法としては、整形外科で手術やブロック注射または、投薬・漢方などといわれていますが、それは、一時改善するが、後遺症や再発の恐れもあるそうです。
 世の中には、居るんですね。、「本当に手術や薬と言った対処療法に頼る事なく、
神経の痛みを改善させ、快適に生活して頂ける方法はないのか」ということを研究し続けて居た人が。

詳しくは、こちらから
大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】

神経痛 トップへ戻る