睡眠

睡眠

あなたは、正しい睡眠がとれていますか?

睡眠時間 理想

1.睡眠時間の目安は7時間半。 これより短すぎても長すぎても死亡率が上がるとのこと。人種や性別に関係なく、この時間が一番体に良い。だまされたと思って3日間実行してみてほしい。 眠気や体調に変化がおきます。 2.就寝直前の食事、入浴は厳禁。 食事は2時間前までに、入浴は3時間前までに済ましましょう。 寝るときに消化のために腸が動いていたり、入浴直後で脳が熱を持ったままだと体が熟睡できないだけでなく、ホルモン分泌にも影響を及ぼすとのこと。 食べてすぐ寝ると成長ホルモンの分泌が悪くなり、肌のターンオーバーが悪くなったり、新陳代謝全般にも影響が出るので太りやすくなるんだそうだ。 また、電気をつけたまま寝ることも同じような影響が出て太る原因になるみたいです。 どうしても真っ暗なところで寝られない人は目に明かりが入らないように足元などにライトを置くように工夫するとよいそうだ。

良い睡眠

疲れを取る!正しい睡眠 正しい寝返りがあるそうです。 1.枕の高さは、無理なく寝返りのできる高さが理想。自分の使っている枕で寝返りをしてみて、大変なら高さを調節しましょう。 2.きちんと睡眠をとるならパジャマのすそはズホンの中に入れましょう。ズボンにすそを入れておくと寝返りがし易いそうです。 3.意外と知らない掛け布団の順番。一般的には、毛布の上に掛け布団をかけていると思いますが、実は逆で、掛け布団の上に毛布を掛けて寝ましょう。そうすることで寝返りがしやすくなります。逆の場合は、毛布が身体に絡みついて寝返りがし難くて疲れてしまうそうです。 4.お風呂は首までつかりましょう。さらに良くそうで身体を浮かせましょう。お湯に浮くことでリラックスできます。重力の影響を受けないと肩こり解消も出来ます。 5.どうしても寝付けないときは、寝床で目を閉じてそのまま待たずに、一度、寝床から出て気分転換をして眠くなったらまた寝床へ行くようにしましょう。

「お医者さんの快夢まくら」

睡眠 トップへ戻る