絵本は、赤ちゃんから楽しめます♪

赤ちゃんにこそ、絵本をあたえてあげてください(*^_^*)

まっさらなあたまに、たくさんの情報を与えてあげて♪

絵を見せながら読み聞かせてあげるととっても喜びますよ。

 

 

1歳ぐらいになると、自分の好みも出てきて、

お気に入りの本を何度も何度も「読んで!」って持ってくるようになります。

 

 

2歳ぐらいになると、もう少し長いお話が聞けるようになってくるので、

そうしたら、すこしステップアップです。

 

この頃になると自己主張も激しくなって、「イヤイヤ病」も全快ではないでしょうか?

お話を聞かせながら、ちょっとしたルールを教えてみては、いかがでしょう。

絵本からでもルールは教えられます( ̄▽ ̄)

3歳は、幼稚園や保育園の年少さん。

 

おともだちといっしょに色々なことをしなければならなくなる、

お子さんの最初の社会生活ですね。

 

絵本をとおして、おともだちと仲良くしたり、やってはいけないことなどを学んでもらいましょう!

 

 

スポンサードリンク

絵本はこどもに読ませるものではありません!!

絵本は、こどもに読ませるものではなく、

おとうさん・おかあさんまたは、おじいちゃん・おばあちゃんが読んであげるものです。

 

 

絵本には楽しみや喜びをこどもに与えてくれます。

 

でも、それは、大好きなおとうさん・おかあさんまたは、

おじいちゃん・おばあちゃんが読んでくれるのがうれしいんです。

 

 

1冊の絵本をとおして、親と子または祖父母と孫の気持ちがよりそい通じ合います。

どうか、絵本は、お子さんに読み聞かせてあげてください。

昔からある定番の絵本

絵本も探し始めるとたくさんありますね(^^♪

いろいろありすぎて、どれを読んであげたら良いかわからなくなったら、

あなたがこどものころに読んだ絵本を読んであげるのもいいと思いますよ。

 

あなたが読んでいた絵本はありますか?

  • いない いない ばあ
  • くだもの
  • がたん ごとん がたん ごとん
  • こんにちは どうぶつたち
  • じゃあじゃあ びりびり
  • まる、しかく、さんかく
いない いない ばあ / くだもの / がたん ごとん がたん ごとん / こんにちは どうぶつたち / じゃあじゃあ びりびり / まる、しかく、さんかく / あがりめ さがりめ / あぶくたった / かお かお どんなかお / ころ ころ ころ / こんにちは / だるまさんが / バルンくん / うしろにいるのだあれ / しろくまちゃんのほっとけーき / ずかん・じどうしゃ / たべたの だあれ / たまごのあかちゃん / だれのうちかな / ちいさいうさこちゃん / おばけのバーバーパパ

人気の絵本

 

1位
じゃあじゃあびりびり
じゃあじゃあびりびり
2位
いないいないばあ
いないいないばあ
3位
しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき

 


 

図書館員がすすめる本

 


 

 

 


 

サイト運営者より

 

わたしにも、4歳と8歳の娘がおります。

娘たちがよろこんだ絵本も多数ありました(^◇^)

 

実際に買って読んだ絵本や

贈り物としていただいた絵本、

図書館で何度も借りた絵本なども。

 

 

子供たちは、教えなくても、

勝手に絵本からいろいろなことを学んでくれました。

 

 

まだ、まだ読みたい盛なんで、

これからも読み聞かせてあげたいと思います(^◇^)

ページトップへ